運転を快適にするためにフロントガラスにヒビが入らないようにする

車のフロントガラスをキレイにしていると視界がスッキリし、運転も快適です。
快適な運転は、事故を起こしにくくすることにも繋がるので、いつもベストな状態を保ちましょう。
しかし、普通に運転しているだけである日突然フロントガラスにヒビが入った…なんてこともあります。例えば前を走っていた車のタイヤから小さな石が飛んでくるというケース…フロントガラスに石が命中し、ヒビが入ったなんてこともあります。

いつそのような事があるか分からないので、できるだけ自分が運転する車のスピードを落として、ひび割れしにくい環境を作っておくと良いでしょう。また、前方の車とある程度の距離を保つことも大切です。
また、ワイパーの劣化にも注意しましょう。特に真夏はワイパーのゴムが溶けやすくなります。溶けてゴムが割れ、フロントガラスをキズつける原因になることもあるので、小まめにチェックしましょう。もし割れていたらそのままにしないで、できるだけ早い段階で交換しましょう。
フロントガラスにヒビが入ってすぐに修理できない場合は、補修をしておくのがベタです。
運転する際支障がないからといって放置するのはやめましょう。ヒビが大きくなることもあるので危険です。