樹木葬という新しく景観を損なわない埋葬方法

昔から言われている桜の樹の下には必ず一人の死体が埋まっている。そんなオカルトめいた話は昔から存在しますが、実際に樹木葬と呼ばれる木の下に遺骨を埋める埋葬方法があるということなのです。遺骨のそばに低い樹木を植えて里山の緑化再生を目的に遺骨を埋葬するという方法であり、全国各地へと広まっています。

このような樹木葬はシンボルツリーという樹木を一本植えることによりその周辺に遺骨を埋葬するというスタイルなのです。一般的に代表的な樹木葬は樹木を植えるスペースが設けられており畳4~6畳ほどのスペースの中に芝生を敷き詰めその真ん中に背の低い低木を植え遺骨を埋葬するのです。値段も意外にも安く、40万円ほどでできるといったようなところが比較的人気を集めているようです。
見た目も非常に良く西洋のガーデニングのようなのが、特徴であり従来の墓場に比べてその景観が損なわれるような事はありません。この樹木葬を見てよ私は景観の良さによりそれほど悪い埋葬方法ではないと感じました。また埋葬方法にも個別に埋葬する方法や共同で埋葬するしたり、合祀するといった埋葬方法といろいろあるので、自分自身の埋葬方法が選べることがあるので、生前葬などで検討してみるのも一つの方法なのかもしれません。