出向することで転職しなくても済む選択肢もある

学生時代のことでしたが、将来の職業選択の一助となればということで、現役バリバリの卒業生数人が大学に呼ばれ、現在就いている職業について話してくれました。

その中で、総合〇〇業にお勤めのOBの方が、この業界の魅力について話してくれたことを今でも覚えています。

それは、総合と名の付く世界だけあって、社内にいろいろな仕事が用意されているので、たとえ最初に振り回された部署が自分に合わないとしても、別の部署に回れば仕事に適性を見出せるかもしれない。だから、出向する必要もなければ、まして転職をする必要がないのだ、というようなお話でした。

そのOBの方が勤めている会社は業界でも大手で通っている会社だけあって、総合〇〇業であると同時に社内に無数の業種があることは十分察しの付くことでしたから、そういう会社であればさぞや天職に巡り合いやすいのだろうなと社会を知らない学生ながら、考えさせられたものでした。

しかし、理想と現実は程遠く、自分の就職先は業界中堅であり、どちらかといえば中小企業に近い陣容でしたから、振り回された部署が合わないと即、会社を辞めるか出向でもさせてもらうしかない状態でした。

結局、転職を選んだのですが今ではもう少し考えて、出向という選択肢も会ったかなと思ったりするのです。