理想に感じる老人ホームのカタチ

世の中はどんどん変わっていくのが当たり前で、それに合わせて古いシステムは崩壊していきます。時代にそぐわない、あるいは課題が多いものは、変わらざる負えなくなっていきます。そんな状況の中、私が思う今後大きく変わっていくであろう分野のひとつに、老人ホームがあります。親を預けることに抵抗がある方が多いかと思いますが、状況によっては、そのような施設が有難く感じるケースもあるでしょう。随時介護してあげたくても、仕事など自分たちの生活に支障があれば、共倒れといった事態が発生します。時によっては、選択しの一つと捉えたいものです。

そんな老人ホームも、個々の施設によってかなり差があります。入居する方の介護状態によって入れるところも限られこともあり、さらにすぐに入れない事態も全国で発生しているため、老人ホームも身近なものではありません。費用面で選べない人もいるはずです。そのような状況は、高齢化社会の先々を考えると、方向転換や新しいサービスの開発が必要に感じます。高齢の方が最後まで人間らしく過ごせる場が理想に感じますが、どのようなアイデアがあるのか・・。子どもたちの預かり場と併設するような試みがある情報を得ていますが、そのような画期的なカタチの登場を期待しています。