水道の引っ越しを行う際に知るべきこと

水道の引っ越しは転居をする際に必要不可欠で、どのような手続きをすべきか知ることが大事です。転居は前の住居の水道をそのままにすると料金がかかり、止めてから行わないと余分な出費になります。

前の住居の水道を止めるときは「使用停止」の手続きを行い、転居の1週間前までに完了させることが望ましいです。手続きの方法はインターネットまたは電話でもできますが、水道局員の立ち会いは通常ではありませんが賃貸物件などはあります。また、手元に準備するものは契約者の氏名、現住所、お客様番号・給水番号があり、賃貸住宅であれば領収書を確認して間違えないようフォームに入力して申請することが大事です。
引っ越し先の水道は水道栓が開いていると蛇口をひねれば出ますが、出ない場合には管轄の水道局に電話で確認する必要があります。賃貸住宅に住むときは「使用開始」の手続きをしないと出ないため、郵送やインターネット、電話ででき、契約者氏名、新住所、使用開始日、水栓番号、銀行口座やクレジットカード情報をフォームに登録して送信する必要があります。
水道の引っ越しは旧住所の「使用停止」と新住所の「使用開始」の手続きが必要ですが、「引越れんらく帳」を使えばスムーズにできて便利です。