整備の前に大切に扱うことが大事

車整備車を長持ちさせるには車の整備も大事ですが、日ごろからの扱い方で変わってきます。整備に出来るだけお金をかけずに済ますためにも普段から大事に車にのりましょう。
例えば、ハンドル一つとっても持ち方の違いで結果は変わってきます。
十人十色と言えるほど癖が出やすい操作です。教習所では誰しも10時10分と教わったはずですが、なれるうちにさまざまな持ち方になってしまいます。
最近の車はほとんどがパワーステアリングですので、片手ですいすい運転できてしまいます。そうすると、ハンドル操作を誤ることもありますし、必要以上にハンドルを切る傾向が強くなります。
そうすると徐々に車にダメージを与えていきます。パワステは人の手の力を増幅させてタイヤの向きを変えるものですので、運転している自分が、車にどれだけの不可を与えているかがわかりにくくなっているのです。
操舵系の装置は壊れてしまうと、やすくない修理費がかかります。
雑に扱うことは、整備どころか修理の必要がでてきてしまうかもしれませんよ。