冠婚葬祭の婚約と結納

冠婚葬祭冠婚葬祭の婚約と結納のお話です。冠婚葬祭において、結婚は家と家のものであった昔とは異なり、今は個人と個人がするもの、という意識が一般的になった。そのぶん結婚の形も十人十色。結婚にまつわる物や儀式、衣装もずいぶんバリエーション豊かになり、結婚式をしないという選択もある。結婚の形ですら決まりごとがなくなってきているのだから、婚約をきちんとした形で行う人は以前に比べて少なくなった。
結婚とはあくまでも当人たちが一生をともに暮らしていくということ。だから婚約や結婚式、披露宴などの儀式はかならすしも不可欠ではないが、規模はどうあれ、もっとも大きな人生の節目として、行ったほうがいいものだと私は思っている。
結婚式は自分たちの思いどおりに行うのも結構。しかし結婚をすると、いやでも相手の家族や友人など、新たなおつきあいも始まる。そのなかでは、「常識に照らし合わせてみてどうか」という見方が必要になってくる場面も多くなるはずだ。
常識を知ったうえで「普通はこうだと思うけれど、私はこうしたい」というのは個性となるが、ただ「こうしたい」だけでは、無教養なわがままと思われてしまうことを肝に銘じて。