不思議な力に導かれてたどり着いた霊園

13_0000000353私が入院中不思議な体験をしました。いつ退院できるのかと、気持ちが落ち込んでいたときでした。私の妹が、「今日死んだおじいちゃんが見えた。お姉ちゃんを見守ってくれているよ、おじいちゃんが来てくれるよ」というのです。妹も変なことをいうな、と思いながらその日もいつものようにリハビリの散歩をしに行きました。

しかし、なぜかいつもより足が、前へ前へ進むのです。
気がついた時には、裏の山道を上へ上へと登って行っていました。初めての道でした。途中で池がありました。ざわざわっと風が急に吹き、鳥肌がざっと立ちました。「おじいちゃんだ」そう分かりました。普段霊感があるわけでもないし、霊の存在など信じたことはなかったのですが、その時ははっきり感じました。
そのまま上へ登り進めると、そこは霊園でした。花が綺麗に咲き乱れ、景色の良いところに整備された、本当に綺麗な霊園でした。
歩いて行くとお地蔵さんと御釈迦様に出会いました。
私は「病気がよくなりますように、おじいちゃんありがとう」と、頭を下げて手を合わせてから霊園を後にしました。