「クルマの鍵」は進化しています

01クルマの鍵」は、年々進化しており、鍵をささずして鍵を鞄等にいれていたとしてもロック解除や鍵をささずとも、エンジンがボタン一つでかかるといったものへと進化しております。従来の車であれば鍵穴にさしまわすことでロック解除やエンジンのオフやオンといった役割を担っておりましたが、車上荒らしや車に対するいたずら等で鍵穴損傷となった場合、一つの鍵穴損傷であっても全ての鍵穴を取り換えとするか、鍵を二つもつといった手間が必要となります。

「クルマの鍵」の役割を改善することで、こういったデメリットを解消とし盗難や車上荒らし、車へのいたずらの予防や対策に多いに活躍とすることが可能でしょう。つまり鍵穴にさして開ける必要がなければ、鍵穴自体不要であり鍵穴の損傷や鍵穴をこじ開けて社内を荒らすといった危険を回避とすることが可能でしょう。そして鞄等から鍵をさがすといった手間も省くことが可能となるでしょう。時間や手間も多いに省けることとなるでしょう。やはり進化というものは、時間や手間がより省くことができるということではないでしょうか。そして安全や安心を増大させなおかつ、リスクを軽減とするこれが大きな進化だと思います。これからさきより多くの進化を期待しましょう。