日本酒が体に良い理由と飲み方

nihonshu1日本酒は米を原料にして酵母を発酵させて出来た飲み物で、アルコールとしての飲料でありながらも実は健康に良い飲み物です。気温が低くて寒い場合にやや熱めの状態にして飲むと、含まれている成分が好影響を及ぼして、体をとても暖かくしてくれます。
私は年末の忘年会などでよく飲みますが、体が冷えている状態から一変して温かくなった事で、さすがに百薬の長と言われる飲み物であるという事を実感しました。居酒屋などでは専用のお燗を試用して飲む事が醍醐味で、メニューによって様々な味を楽しめます。お酒が弱い私は、自分の体調などの気分に合わせて、深酔いをしないように少量だけ飲んでいます。
飲み方としては、専用のお燗に入れてから温めて飲む事が基本です。熱燗として召し上がる場合、お燗の温度が50度にも達します。

しかし、入っている液体は50度よりも低いので、体を暖めるために適している事を感じます。
私は実際に日本酒を家で作っていて、仕事が終わったら一人で美味しく熱燗として晩酌をしています。基本的な作り方としては鍋に水を入れてから沸騰させて、お燗の本体を温めてから温度を測ります。熱燗の温度を測る場合、家電製品の専門店などで購入した料理用の温度計を使っています。