色々な型を持つ局所排気

haiki11つのパターンだけが用意されているわけではなく、局所排気は複数のパターンを用意しているものとなっています。基本的にはドラフトチャンバーが利用されることになり、周囲を囲って排気をスムーズに行えるようにしています。それ以外の方法を利用していることもあるので、製品によっては別のタイプも利用することが大事だと思ってください。
作業台と排気部分が分離されているタイプも存在しており、こちらも利用しやすいものとして使われています。作業台を移動させることができるメリットを持っており、排気の位置を変更すれば、どこでも利用することができます。他には卓上に配置するようなタイプもありますし、作業テーブルの下に排気スペースを作っているものもあります。

珍しいものが結構多くあるのもメリットになっていて、利用する方法によって変更することができます。
局所排気は、利用する方法によって大きな変化も必要になってきますから、自分が使う方法によっては使うものを変更しなければなりません。合わないものを利用しても、作業効率が悪くなってしまうだけでなく、仕事のロスにも影響が出ます。さらに排気自体が悪くなってしまい、思っていた以上に吸い込みが行かないこともあります。