モノクロな和風の綺麗な居酒屋に行った思い出

izakaya01店舗のデザイン全体が、モノクロの和風の内装になっていて、とてもきれいな居酒屋にいったことがありました。その店舗は半個室状態の店舗となっていました。壁の色は黒で統一されており、に茶色い木枠が入っている様子で、所々に淡い照明が配置されていました。
座敷でしたが、座席は堀こたつ風に足を一段下にして座るタイプで、大きな黒いテーブルが中央に置かれていました。間仕切りは黒の枠に障子が張られているといった具合で、全体としてひじょうにおしゃれな印象を受けました。室内の照明は行灯で、淡い光の中で普段と違った感覚の中での食事ができました。

その居酒屋では通常どおりにお好み焼き、唐揚げセット、パスタなど和洋折衷のメニューと、カクテルなどのお酒を注文していましたが、やはり店舗の雰囲気が良いということは、料理もおいしく感じるし、しかも満足度が上がるという効果もあるのでしょう。居酒屋はどこも綺麗な店舗になっていることが多いですが、ちょっと工夫があって他の店舗とは違うと、印象に残りますし、あの店は良かったと人に紹介したくなる店になると思います。独特な印象のきれいな居酒屋であるということ、そして料理もおいしいということが、客を引き寄せる秘訣になるでしょう。