ゴーヤを食べた後の感想

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沖縄で作られるゴーヤを食べた時に、特有の苦味が口の中に広がる感じであった事が印象的でした。焼肉と一緒に入れて焼いて食べても薬のような苦味の味があったので、決して緑黄色野菜のような甘みを感じなかった事が特徴です。じっくりとフライパンで焼いてから、焼肉と一緒にタレをつけながら食べると少々の苦味は無くなります。沖縄で有名な料理として作る場合、肉と卵を入れて焼いて食べると美味しくなる事を実感しました。健康を考慮して煮ないで生のままで食べた経験があって、生で食べると苦味が強いが、ダイエットに効果的である事を知って減量の為に生で食べる事を心掛けています。

ゴーヤにはビタミンなどの体の調子を整える成分が豊富に含まれていて、冷え性やガンの予防にとても効く食品です。ダイエットを促進して、血糖値の上昇を防ぐ事を目的として食べるようになったが、焼いてもビタミンが失われないので、味付けをしながら食べています。最近は普段の食事の中でも野菜として取り入れている事が多いので、血糖値やコレステロールの上昇を抑える事ができました。血管を丈夫しながら生活習慣の予防に立てている食材として、長生きする為に必要な成分が多く含まれている事が分かって、アンチエイジングとしても役立つ食材である事を実感しました。