酒が飲めない人の居酒屋での振る舞いについて

izakaya01酒が飲めない人の居酒屋での振る舞いについて、社会人にとっては大きな課題かもしれませんがきちんと身に付けておきたい作法だと思います。
時代も変わり、社会人でもお酒の場で飲めない人に対して無理にお酒を飲ますことは減ってきました。
しかし、あらゆるコミニケーションの場として居酒屋を使う事は変わりありません。普段の仕事帰りに同僚と居酒屋に行かなくても歓送迎会や取引先との接待も含めて居酒屋に行くべき機会は出てくると思います。
ビジネスマナーとして基本的なところは居酒屋でもおさえておくべきだと思います。

居酒屋の予約の仕方からお客様のお迎えの仕方、お酒の頼み方から次方まで基本的にはお酒を飲むのもないに関係なくマナーとしての心得は必要だと思います。
仮に、普段から同僚や先輩とお酒を飲む機会が少ないとしても、たまには居酒屋に行くことでこのような所作を身に付けておくことが必要だと思います。インターネットやノウハウ本だけではなかなか身に付かないことも多く、今日の敵には居酒屋と言う現場で実践してこそのものだと思います。
お酒も飲まないのに居酒屋へ行くことがもったいないとお考えの方もいるかもしれませんが、これも自己投資だと思えば安いものです。