システム開発の全体的な流れについて

システム開発と聞くとパソコンを使用してとても難しいイメージがありますが、多くの工程があります。最初は、システムを企画を個別企業ごとの情報システム戦略を考慮して、必要とされるそれぞれのシステムを検討します。システム化をする事の目的や対象範囲、システムの構造や機能、納期や予算などを企画します。その後に現状の作業工程やシステムについて調査して問題点、課題を分析します。その解決策と、システム要求を検討します。ユーザーインターフェースの設計や処理の対象となるデータベースの設計、運用要件の検討などを行います。

次は内部設計で、外部設計をもとに、ソフトウエア内部での処理について設計してプログラマーに対して具体的な作業指示を出します。物理データベースファイルの設計やテスト方針書の作成などです。内部設計が終わるとプログラミングを行います。システムを開発するとプログラミングのイメージがありますが、工程としては後半に行います。内部設計仕様書に基づいて、そのシステムに最適な言語でプログラムを作成します。最後にテストと呼ばれる作成したプログラムが正常に作動するかを確認します。複数のテストによりバグを修正し、完全な状態に仕上げます。システム開発の一連はプログラミングなどの技術的な知識やスキルだけではないと言えます。