樽酒の醍醐味は杉の香り

アルコールに弱く、日本酒を飲む機会も滅多にないのですが、樽酒に遭遇したことも1度くらいしか記憶にありません。日本の文化の一つとして、今でもお祝いごとに登場するので、実際に飲むことはなくても、ニュース映像などで鏡開きのシーンはよく見ます。
樽酒は、樽に入っているから樽酒だと長い間思っていましたが、樽から瓶に詰め替えられたものも樽酒と呼ばれるということを日本酒好きの友人に教わりました。

日本酒は昔は杉の樽で保存されていたので、杉の香りがお酒に移って、木の爽やかな香りも楽しめるようになったそうです。瓶に移してもその香りは残っていますが、雰囲気も楽しむためにはやはり樽のまま開けて飲む樽酒が最高だということです。
そうはいっても、よほど大きなお祝い事でもない限り、樽酒を飲む機会はなさそうです。結婚式とか、何かの創立の時とか。鏡開きをするにはそれなりの準備も大変そうですが、最近では鏡開きをするためのレンタルの樽もあり、瓶のお酒を樽に移して用意することもできます。樽のデザインも選べるので、気軽に利用できそうです。結婚式では新郎新婦がウェディングケーキのケーキカットをするのが一般的ですが、二人で樽酒の鏡開きというのも日本らしくてよいと思います。誰か仕掛け人になって、流行らせてくれないでしょうか。