会社でビジネスフォンが用いられるメリット

こんにちは。40代のサラリーマンです。ビジネスフォンと聞くと、ああオフィス用の電話かとは思いますが、これまであまり意識はしていませんでした。家庭用の電話機と比べたビジネスフォンのメリットを中心に考えてみました。

まず、当たり前ですが見た目が違います。普通の電話をかけるボタン以外にいろいろなボタンが付いています。ここにビジネスフォンならではの機能が含まれているところです。以下、メリットを挙げてみました。

メリット1.内線電話をかけることができます。家庭用であれば親機と子機間での会話は出来るかと思いますが、たくさんの部署にまたがっている社内で、内線電話によって経費を抑えれるメリットは大きいと思います。

メリット2.電話をかけられた人が電話を受けた人以外の場合、自分の近くの電話を使って話すことが出来ることです。つまり、電話を受けた人の電話のところまでわざわざ行かなくても、自分の近くの電話で通話が出来ます。

メリット3.自分の部署以外にかかってきた電話にも出ることが可能です。家庭用に例えるなら、お隣さんにかかってきた電話に出ることは出来ません。ビジネスフォンなら、他部署にかかってきた電話に出ることも可能です。

メリット4.同じ電話番号に複数かけても対応出来ることです。家庭用でしたら話し中になりますが、ビジネスフォンなら同時に通話も可能です。従ってお客さんからの急ぎの用事などを見逃すこともなくなります。

メリット5.転送が出来ることです。

このようにいろいろなメリットがあるからこそ、ビジネスフォンが使われていることが分かります。