重油というものは聞いた事がある言葉

一般的にトラックなどのディーゼルエンジンなども燃料は軽油を使われていることは広く知られていると思いますが、軽いという言葉の逆で重油というものあるようです。比重で言えば重い軽いという表現ですが事細かく種類が分けられており、大きなジャンル別にすると重油軽油などに区別されているのだと思っております。他にも色々な区分などに分けられている油ですが、私のイメージではとても濃厚で他の薬品や成分などを薄めて使う前の油で原液かそれに近いものはないかと思っております。危険物取扱者の資格をとる際に勉強したり、ボイラー免許の習得の際にも学科で出てきた言葉なので私にとっては少しなじみのある言葉なのですが実際には見たことがありません。重油自体はあまり扱っているところを見たことがなく、港などがある大きな施設で一般の人に販売できるように加工していると思っております。ほとんどが輸入で大型タンカーで日本に運ばれて来ていることはなんとなくわかる程度なのですが、日本経済には多くの石油製品を使うなど油を使っていかなければならない物だと思っております。普段は目にすることのない重油ですが、きっと私たちの生活にはなくてはならない大事な資源だと思っております。