本は、心の教師になります。

book01最近、読んだ本ついて思ったことは時間があるときは、いろいろ読むことです。「ちいさいことにくよくよするな!」と言う本を読んでみました。生き方がいろいろ書いてありました、生きていくうえでいろんな悩みが出てきます、しかしそれの悩みは思ったより悩むほどでなないのですということです。仕事、家庭、勉強、何かうまく行かないことも出てくると思います、その時などにこの書物を読んで言葉などを覚えておくととても役立ちます。その場面に遭遇した時にこの言葉などを思い出すと悩みなどが馬鹿らしくなってきます。例えば怒りを感じたときは、10数えろなど描かれていました。

確かの瞬発的な怒りは、すぐにぶつけてしまうと喧嘩や争いンなってしまいます、でも10数えるうちにだんだん冷静化して頭も冷えてきて冷静になることが可能です。このようなことが沢山の例を交えて書かれていますので参考になります。人づきあいや悩みなどがある人はぜひこれを読んでみて一度自分に例えてみるといいかもしれません、長い人生ですのでとてもためになりしかもわかりやすく例を交えて書かれていますのですごく為になりますので読んでみるといいですね、全部読んでからでも遅くはありませんよ。