まめなメンテナンスで車の修理代を浮かせる

repair1バッテリーが上がったりエンジンの故障で車が動かなくなると、車の修理サービスを利用せざるを得なくなってしまうのですが、修理の際バッテリー交換やエンジンオイルの交換などで費用がかさむと、修理代金がとんでもなくかかってしまうのは由々しき問題ですね。そうしなければ車に乗ることができないとはいえ、修理しないで新しい車に買い替えようとすれば修理費の何倍、何十倍ものお金がかかってしまうとはいえ、いきなり十万円以上の出費が生じるとなれば家計には大ダメージです。
かといって修理代金を上手く抑える方法もないんですよね。

一説には数倍高価な純正の部品を、修理に使用しなければいいとも言われますが、安かろう悪かろうの恐れもあるものを使用するのは不安ですし、何事も安全には代えられません。
結局のところ車の修理代金負担を軽くするためには、修理しなくてもいいように日頃からしっかりとメンテナンスをして、まめに点検していくしかないのでしょう。交換しなければならないレベルになるまでの消耗をさせず、止むを得ない交換のタイミングをちゃんと管理することで、突然の出費は避けることができるのだと思います。家計への手痛い打撃を教訓として、今後はよく車の調子を気を付けていこうと思いました。