コラーゲンの効果について

bihadaコラーゲンは、肌にとってよいものというイメージがありますが、食品やサプリメントで摂ることができます。コラーゲンは動物性のたんぱく質であり、動物と魚類の皮やスジ、骨や軟骨などに多く含まれています。
これを多く含む食品の代表的なものは鶏肉です。鶏肉のなかで皮や手羽先などに多く含まれています。このほかには豚足、牛スジ、うなぎなどにも多く含まれます。これが肌にとって良いものであってもこれらの食品ばかり摂っていればバランスを欠くことになります。1日にたくさん食べることは避けるようにして、魚や野菜、果物などバランスの良い食生活をすることが必要です。これの効果としては、肌に良いということ以外にもシミやソバカスの対策に役に立つことや関節痛を緩和することなど、骨や血管についてもこれを丈夫に保ちます。
サプリメントでこれをとることも役に立ちます。同じ量のコラーゲンでも動物性のものに比べて、植物性のものの方が吸収率が高くなります。また、皮由来のものが純度が高く、安全性が高いといわれます。