建設業界の5年後、10年後について

建設業界で働いている人の中には、業界に将来性があるのか不安になっている人もいるかもしれません。若いうちに他の業界へ転職してしまう方が良いのではないかと考えている人もいるでしょう。そういう人たちに、5年後の建設業界はどうなっているのか?10年後の建設業界はどうなっているのか?書きたいと思います。

【5年後、10年後の建設業界】
建設業界というのは、労働者の高齢化が進んでおり、55歳以上の経験豊富者が多く、65歳以上でも働いている人もいるくらいです。その逆に、29歳以下の若者は少な目です。

こんな状態なので、5年後には65歳以上の人が多く退職してしまい、人手不足になってしまう可能性が高くなります。10年後にはさらに人手不足が深刻化してしまっているでしょう。

しかし、人手不足というのを悲観しているばかりではありません。働き手としてはプラスになることが多く、人手不足が進むということは、それだけ人材確保に力を入れなければなりません。

なかなか人が集まらないなら、他の業界よりもしくは会社より給料を高くあげて、人材募集をするようになります。当然、今まで建設業で働いていた人の給料もアップしていきます。建設業界自体が人手不足のため、仕事をしてくれる会社が少なくなり、会社側に利益になる工賃が高くなっていきます。

【まとめ】
建設業界で働くことは、体力的にも精神的にも大変で、40代を過ぎてくるとキツイ仕事になってきます。しかし、5年後、10年後の人材不足のことを考えると、働き手にとっては高給料をもらえる可能性が高くなります。