麻雀は先に上がった人だけが勝つゲーム

麻雀は様々な要素が複雑に絡み合うゲームです。どんな考えで打つのかはいつも議論になります。リーチ好き、鳴き麻雀、手役重視、守備型などスタイルが人それぞれなのが麻雀の楽しさです。

ゲーム全体で見たときには、トータルで点数を一番持っていた人が勝つゲームですが、点数を稼ぐためには1局1局を積み上げていく必要があります。

1局を考えた場合、上がれる人は一人だけです。上がった人と振り込んだ人(または積もられた人)がいるわけです。2番めに上がりに近かった人にはなんの価値もありません。早く高く上がれれば最高ですが、得てして早い手にするか高い手にするかの選択を迫られます。

最も早く上がった一人しか点数がもらえませんので、早いほうが有利であることは確実ですが、毎回早い手が入るわけではありません。たまたま自分が遅いときに他家に高い手を上がられてしまい逆転されることもあります。

また、早い手と一言でいっても、早いテンパイと早い上がりはまったく違うことも考えなければいけません。意味があるのは早い上がりであって、早くテンパイすることが偉いわけではないのです。鳴きを繰り返して早くテンパイしても、最後が上がりにくい待ちになってしまったら、遅くて高い手の人に追いつかれる可能性が高くなります。