思ったより簡単に防犯カメラを設置できた我が家の例

我が家が住む住宅地で昨年2軒の空き巣が入ったという話を聞き、それまで何の対策もしていなかったので一気に不安になった私。
ネットで「空き巣に入られやすい家」の条件について調べたところ、いくつも当てはまってしまうことが判明し、さらに不安に。
角地だし、家をぐるっと囲むように高めの生垣があり、一回侵入されてしまうと目立たないで作業ができること。
お隣さんは2軒とも仕事をされていて日中留守がちだし、防犯カメラもついていない。

同じように空き巣の話を聞いて不安になったのか、はす向かいのお宅が防犯カメラを設置したのを機に夫に、「ウチも防犯カメラ付けようよ!」と相談しました。
我が家は空き巣が狙いやすいと思う条件にいくつも当てはまるという話をして、留守中で物を取られるのも嫌だけど、夫の不在中に押し入られて私や子ども達に何かあったらと話すと、さすがに夫も不安になったのか「ちょっと調べてみるよ」と。

数日たって、夫が「フェイクの防犯カメラはすぐ見破られちゃうらしいよ。本物の防犯カメラを何台も設置しようとするとかなりの初期投資になるけど、スマホを窓に貼って防犯カメラとして使って、ネットワークにもつなげば外からでも映像が確認できるし、十分防犯カメラとして機能するみたいだよ。」と言い、早速スマホ防犯カメラを2台稼働させました。

我が家の構造上、侵入できる場所が限られているので、2ヶ所のスマホ防犯カメラで常時モニタリングすることでかなり安心です。
スマホ台、常時接続の電気代以外は費用がかかっていない点も嬉しいです。