宇宙から振る流れ星

高校生の時、夏休みに地学部が合宿をするということで先輩に誘われました。地学部に参加していた訳ではなかったので、そもそも地学部が何をしている部かもよく分かっていませんでしたが、数少ない先輩の友達の誘いということで参加しました。なぜ地学部が合宿などするのかと疑問でしたが、目的は天体観測でした。確かに星を見るのであれば合宿は必要です。合宿と言っても泊まるのは学校の中で、屋上に望遠鏡を設置して星を見るのです。

昼のうちに合宿の目的とスケジュールを説明され、分担が決められます。実は単に星を見るのではなく、流星群の観測が目的で、それに日程を合わせる形で合宿となっていました。

星座については割と覚えていましたが、流れ星というのは子供の頃から知ってはいても、ほとんど見たことかありません。一度見たことがあると思いますが、子供の頃でしたので本当に流れ星だったのかと言われると曖昧な程度です。それが流星群と言われてもピンと来ません。まあ、そういう特別な日なら見れるかもしれないな、ぐらいにしか思っていませんでした。
ところが実際には本当にたくさんの流れ星が流れるのです。ひとつやふたつ所の騒ぎではありません。ひとつが流れたと思ったら、直ぐに別な角度で次が流れるのです。一晩に何百もの流れ星を見ました。宇宙をとても身近に感じた日でした。