命をつないてくださった運送会社の皆さん

忘れもしない2011年の3月11日、東日本大震災で私の福島にある実家は被災しました。
この東日本大震災の時、私たち家族はどんなに運送会社の方に助けられたか分かりません。震災直後から、実家の周辺は物資が不足し、食料を買うことも、水を買うことも難しくなっていきました。家の全壊は免れたようですが、ライフラインはストップし、水もガスも、電気も止まってしまったそうです。年老いて買い物もままならない両親のことが心配でたまりませんでした。 Continue reading…

無料の求人誌を見て思う事

コンビニとか、飲食店とかで無料で配布されている求人誌ありますよね。転職活動や、あとはアルバイトを探す時なんかにすごく重宝するのですが・・。あの求人誌ってなんで無料なんですかね。不思議で仕方ありません。私が高校生くらいの時は、確か100円程度で売ってた気がするんだけど・・。 Continue reading…

夏休みの自由研究にはモーターを

夏休みの自由研究として、色々なものを作成される方は多いようです。しかし、男の子に人気なのが、理科の中でも実験として知られているモーターです。モーターは自動車やおもちゃなどさまざまなものに使用されているため、身近であり、さらにその仕組みが気になるという方も多いのです。 Continue reading…

データ入力のアルバイトのメリットとデメリット

 在宅で空いた時間に、お金を稼げたらいいのにと思ったことはありませんか。とくに子育て中の主婦のみなさんには在宅でのお仕事できれば時間を有効活用できますね。在宅でお仕事というと、細かい作業をこなす内職というイメージがあります。封筒に指定の紙を入れて封をするなどの内職は、その紙を搬入するのがまず大変です。基本的に納品も車がないとできません。その点、パソコンを使った「データ入力」のお仕事は気軽に始めることができます。パソコンさえあれば、納品の手間なくサクサク作業を進められます。 Continue reading…

子供の創造力を高める発泡スチロール遊び

家電を購入し、届くと家族総出でワクワクしながら箱を開け、家電を取り出す。新しい家電がどんな動きがするのか楽しみにしながらセットをし動かしてみる。一通りの確認が終わり、残骸の撤収作業をを始めると、子供たちは新たな遊び道具を見つけたかのように段ボール、発泡スチロールを捨てないでと懇願してくる。 Continue reading…

メッキ加工について教えてもらったこと

つい先日、息子が通う学校の学園祭に行ってきました。
通っている学校は、技術系の専門学校で、機械工学、情報処理・電子制御等の専門学科があります。
このような学校の学園祭では、多くの研究成果を発表しているのですが、その中で勉強になったのが、メッキ加工についてでした。 Continue reading…

東日本大震災を経験し、太陽光発電の魅力を再認識

以前から太陽光発電は注目されていました。自然エネルギーなので環境汚染などのリスクがなく、地球環境のことを考えるととてもメリットがあります。しかし太陽光発電のデメリットとしては、初期費用が掛かることです。太陽光を集めるための大きなパネルの設置、メンテナンス、管理など定期的にチェックが必要です。 Continue reading…

私が経験した労災保険の適用

私が経験した労災保険の適用された経験談を語ります。
私が会社務めしていた時のことです。建築現場の内装工をしているのですが、ある現場に向かいました。そこは会社から、1時間半ほどの所でした。そこにまず向かって現場に到着いたしました。仕事をこなして、大体夜の9時半くらいまでかかったのです。 Continue reading…

コインランドリーの便利さに感動!

私は、ごく最近までというものをコインランドリーというものを利用したことがありませんでした。
ずっと実家暮らしで一軒家に住んでいたため、家で十分に洗濯ができ、干すスペースもあったので、コインランドリーを利用する必要がなかったからです。
とことが、最近結婚し、マンションに住むようになりました。
やはりマンションは一軒家とは違い、干すスペースも狭くなり、不便さを感じていました。 Continue reading…

会社でビジネスフォンが用いられるメリット

こんにちは。40代のサラリーマンです。ビジネスフォンと聞くと、ああオフィス用の電話かとは思いますが、これまであまり意識はしていませんでした。家庭用の電話機と比べたビジネスフォンのメリットを中心に考えてみました。

まず、当たり前ですが見た目が違います。普通の電話をかけるボタン以外にいろいろなボタンが付いています。ここにビジネスフォンならではの機能が含まれているところです。以下、メリットを挙げてみました。 Continue reading…